素どおり

       渓流の自然に囲まれた安らぎの宿
           元湯 富士屋旅館
        福島市飯坂町湯野字新湯11番地
      TEL(024)542-3191 FAX(024)542-3649
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

顔がある

0

    ここ2回ばかり「機関車トーマス」を観て、岡本太郎氏の作品の顔に似ているなあと思いました。

    小さい頃は、作品そのものより「グラスの底に顔があってもいいじゃないか」のコピーと、岡本太郎氏ご本人登場のTVCMで強烈な印象を受けました。

     

    全部の機関車の名前と顔は、まだ覚えていなくて、トーマスしか名前と顔が一致しないのですが、前回ケイトリーというマザーテレサのような顔を発見し、「みーけっ!」とばかりに拍手。それぞれの作家さんが意識してのお顔なのかどうかなど関係なく、結果としてどこか似ているんでしょう。

     

    同じ国、同じ世代など集団として見る顔は、同じように見えますが、それぞれのお名前とお顔を合わせて覚えると、やっぱりそれぞれが違うんですね。赤ちゃんは、言葉の習得と並行して身近な顔を見分ける才能があります。覚える速度や量はかなわなくても、大人もマネしたいところです。

    商品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    光と音の研究

    0

      緊急異常時に限らず、光と音をうまく利用することで解決できることってけっこうあると思うのです。

       

      自動化ばかりが優先されてもいけなくて、少なくとも冷静に行動できる範囲内での調節機能を人も商品も持ち合わせていなければ、と思います。さまざまな状況を想定しての訓練は必要ですが、現実化したときにどうするかは、まずは個人の判断、その判断を行動にむけるための適度な光と音。自然界に存在するもので間に合うもの、間に合わないもの。これらを判断するにはある程度の経験も必要です。

       

      生活に必要なモノは出尽くした感がありますが、機能の開発余地はまだまだあります。メーカーに生活課があるとするなら、光と音の可能性をもう一度見直してほしいと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

      商品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      体感

      0

        小学生で野菜ソムリエになった男児は、インタビューで「野菜やくだものの畑に連れていってもらって、お手伝いや試食をするのが楽しかった」という実体験から資格取得の勉強を始めました。とてもシンプルでいいなあと思いました。

         

        タレントの山田邦子さんは、新潟でスイカ作りを始めたらしいですよ。本来なら捨ててしまう小さな実も愛おしくて捨てられず、漬物にしておいしく召し上がったとのこと。こういう発想は、6次化産業や栽培農家の食卓にあがることを想像するだけでもいいですね。

         

        林業に携わる仕事がら、生傷は避けられず、気をつけてはいてもあちこちに切り傷。応急処置はしたものの、さて病院へ行くか温泉へ行くか。傷の状態にもよるのでしょうが、湯治を選ぶことが多いお客様の帰り際のコメント「肉が盛り上がってきた」と。

         

        海も山も好きなお客様は、山を泳ぐようにして山菜やきのこをとり、海ではのんびり釣りをするのがライフワーク。

        日照不足で米は大丈夫かお尋ねすれば「もともと赤字だから、いいの」だそうです。つやつやお肌の秘訣を見たり。

        | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        温泉ポンプ交換

        0

          今年の天候は、本当に予想が難しく、何をするにもレーダーをまず確認して始める習慣がついてしまいました。外でのお仕事が中心のみなさんは、気持ちや体のオンオフ切り換えをいつも以上に工夫なさっているのではないでしょうか。

           

          さて、当館を含む4件で共有している「富士屋源泉」の心臓部、温泉をくみあげるための揚湯ポンプが水位上昇のため13日の朝7時頃止まってしまいました。12日夕方から盆休み中の市、町の温泉課の職員のみなさん、地元の業者さんと連絡を取りはじめましたが、水位の上昇が予想以上に早く、夜の作業は応急処置に留め13日早朝からのポンプ交換となりました。

           

          まず、余剰分の湯水を水中ポンプで取り除かねばなりません。この作業が予想以上にかかり、ポンプ交換後、営業を開始できたのは当館で午後3時半でした。それまでにお越しいただきご利用いただけなかったお客様には、この場をおかりしてお詫び申し上げます。

           

          今年10月に、ポンプ交換を予定していましたが、計画前倒しがお盆中の日曜日となり、急きょ召集されたみなさんは、いつも以上の緊張感と集中力で作業をしてくださいました。本当にありがとうございました。

           

          本日は、通常営業です。みなさまのお越しをお待ちしております。

          いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          逃げ猿

          0

            人気の絵本「おさるのジョージ」の誕生秘話が、12日夜7時半からNHK BSプレミアムで放送されます。

            ユダヤ人の作家がアメリカへ行かなければ、ジョージの世界デビューもなかったかもしれない!と解釈すれば、「逃げるが勝ち」とも「逃げ恥」とも言えそうです。

             

            私は昔読んだ絵本も好きですが、毎週土曜の朝にNHK Eテレで放送されるアニメも好きです。好奇心旺盛で冒険好きなジョージに毎回くすぐられています。ジョージスマイルは、不二屋のペコちゃんに似ていて本物の猿とは顔の輪郭が逆なんですが、本物さんも威嚇したり上機嫌なときは、口が横にイーと伸びるでしょうからね。

             

            失敗から学習していく様子や、周りの人達や動物との連携がいい感じに描かれていて、実際にはありえないことも、ひょっとしたらと思ってしまうこともあります。

            いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            日常をとり戻す食事

            0

              日本の自衛隊のみなさんが、曜日の感覚をとり戻すために毎週金曜日にカレーを食べていることを知りました。

              アメリカ海軍でシェフ役だったトム・ハンクスが、毎週水曜日に用意したのはパスタ料理だったかな?

               

              非常食用のカンパンを、おはぎにブレンドするのも確か日本陸軍の炊き出しか、まかないメニューにあったように記憶しています。

              こちらは、非常事態に役立つばかりでなく、カンパンで食をつなぐ必要がなかったことに安堵していただく平和な日常の食事です。

               

              お弁当の文化も世界各国さまざまですが、場所を変えたり一緒に食べるひとによって食べ方が変わることも。多種多様なお弁当屋さんやコンビニの惣菜、弁当も食べるひとによって均一でなくなる部分も出てきます。そのままで食べる、あたためる、自然冷凍など、とにかく選択の食事が普通であることも日本独特のような気がします。

              | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              ようやく梅雨明け

              0

                県内も梅雨明けしました。先月も何度か「梅雨明けたかな」と思う日もありましたが、実際に明けると最低気温が20度に満たない日が多くなるようでびっくりです。熱中症対策に加えて、寝冷えや朝晩の服装に注意していきましょう。

                 

                朝湯もおすすめです。あせもや日焼けなど肌のトラブルで温泉にいらっしゃる方々も増えてきました。あまりひどくならないうちに湯治、ぜひお試しください。

                 

                朝から温泉に入ったら眠くなる、だるくなるというイメージもあるようですが、過度の疲労や睡眠不足でないかぎりは大丈夫そうです。昼食までの時間をなんとかやりくりして、30分以内のお昼寝もしくは目を閉じて過ごすことでかなりスッキリします。大人の自由時間にとりいれてみてください。

                いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                サイクルトレイン

                0

                  先週末、初めて福島交通飯坂線のサイクルトレインを試してみました。自転車ごと電車に乗れる時間限定の利用です。

                   

                  乗車券を買って、ホームに出ると「サイクルトレイン」の案内板が目に留まりました。これは、たぶん私だけで、他のみなさんは自転車でホームにやってきた私のほうが気になったかもしれません。おっ、これがいわゆるサイクルトレインっていうものか!?という好奇心に満ちた視線を感じながら電車に乗ります。

                   

                  さて、どこに自転車を止めればいいのかなあと思うのとほぼ同時に車掌さん二人が近づいていらして、

                  「お客様、こちらへ」と、出入り口近くの座席へ。

                  自転車は座席の前に置かれ、倒れないように片方のハンドルを握ったまま座るように促され、

                  「別に、座らなくてもいいのですが」と言えば、行き先を問われ、

                  「自転車優先車両ですから、どうぞおかけください」と。

                  う〜ん、そういうサービスは求めていないけど、それほど混んでいるわけでもなかったので、まあ、いいかとリニューアルされた飯坂線とクーラーのきいた一時を夏休み気分で過ごしました。

                   

                  観光で利用する場合と日常で利用の場合は違ってくると思いますが、まだまだ改良点はありそうです。個人的には、利用できる時間を増やすこと、ホームから改札口までの動線の改善をお願いしたいです。

                   

                  - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  カレイ ニ ゲンソク

                  0

                    久しぶりの雨でした。会津の一部では大雨による避難指示が出ていますが、中通り北部は、今のところ大丈夫です。雨不足でしたので、農家さんにとっては恵みの雨、天候に左右されないお仕事の方々にとっても、休息の時間がとれたのではないでしょうか。

                     

                    夏休み前の連休には、酷使した心身を休めたり、あるいは、不調の原因をいろいろな方法で確かめたり、久々にやんちゃしたら体がついていけなくなったなど、みなさん様々な理由で温泉に入られました。体の異変に気づく頃には、かなり頑張りすぎていることが多いので、あまりひどくならないうちに何か手を打ちたいものです。

                     

                    全力で挑むとか、一気に仕上げるとか、年齢を重ねれば重ねるほど厳しくなります。しかし、気持ちのうえでは誰もがまだまだいけると思いがちなのですね。

                     

                    スローな曲、スローな動きのほうが実は難しい。「ゆるやかにしなやかに」生き手本となるような加齢社会を目指したいものです。

                    いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    ひやっと感

                    0

                      今も残っているかもしれませんが、昭和の薬局前には、カエルとかゾウの看板動物が出入り口に設置されていました。

                      現在の全国ゆるキャラたちとは違って、自由に動くわけでもなく、ただじっと薬局前にいました。

                       

                      店の目印だけでなく、人の問いかけや愚痴にも、変わらぬ表情でお付き合いしてくれていたんですね。NHK朝ドラ「ひよっこ」にもイチコという看板動物が薬局前にいて、サイズが割と大きかったのかなあとか、いやいや女優さんたちが小さいのかなあとか、隠れみのとしての役割もきちんと果たしていてすごいなあとか思いながら昭和の風情を楽しんでいます。

                       

                      ゆるキャラたちは、触感にしても体温にしても人間寄りですが、看板動物はあくまでモノ、触ってもひんやりしてます。でも、存在感ありましたよね。酔っ払いを朝まで静かに見守ってくれたりもしたでしょうし。

                      商品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      RECENT COMMENTS
                      CATEGORIES
                      MOBILE
                      qrcode
                      PROFILE