素どおり

       渓流の自然に囲まれた安らぎの宿
           元湯 富士屋旅館
        福島市飯坂町湯野字新湯11番地
      TEL(024)542-3191 FAX(024)542-3649
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

とろりベジフル

0

    カレーの甘みづけと言えば、♪リンゴとハチミツとろ〜りとろける♪がまず思い浮かびますが、国によっては別のもので風味づけを変えているようです。レトルトカレーがカレー粉の売上を上まわることもあるようで、挑戦の幅のある食べものなのですね。食感も「さらさら」スープ仕立て、「とろみ」を食材の組み合わせで出すもの、「辛み香り」のスパイス調合など、好みの味を見つける楽しみもあります。

     

    カレーの本場インドでは、ベジタリアンを意識したマンゴー入り『ボンカレー』が発売されたようで、ちょっと気になります。

    福島の特産モモ入りカレーなんてのもきっと作れます。これ、産地ならではの消費で、桃好きの皆さんからは「もったいない」と言われそうですがね。まだ、試したことがないので何とも言えませんが、玉ねぎとの相性がいいのでそこそこのものになるのではと思っています。昔、一度だけポテトサラダにモモが入っていたことがあって、けっこうおいしかった思い出もあります。

     

    各地雨の被害が深刻ですが、食べて休んで少しずつ元気を取り戻していきましょう。

     

     

    | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    ムーンダンス

    0

      昨夜入浴時、網戸近くで光るものーーーホタル

      深いエメラルドグリーンを放ち、近づいたり離れたりして跳んでいきました。

       

      部屋にもどれば、カーテンの隙間から眩しいくらいの月光

      満月かしらとカーテンを引けば、月明かりの中で、さきほどのホタルが大きな弧を描きながら跳び回っていました。

      間近でしか見たことがなかったけれど、こんなふうに空中を浮遊している光景は初めてでした。

       

      今朝一番のお客様は、昨夜嫁いだ娘さんがホタルを観たいとやってきたそうです。

       

      偶然ともいえる話をスタッフにしたところ、ひとりが「あ、そうそう」と一枚の写真を取り出して「あげる」と。

      マイケル・ジャクソンの蝋人形の写真でした。「よくできていて、じーと見ちゃった。」

       

      そうか、6月25日はマイケルの命日。粋なパフォーマンスは、やっぱり天才!

       

       

      いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      強いところ 弱いところ

      0

        先週末から真夏日予報が出ていましたが、金曜と土曜は免れました。今日は、すでに真夏日を記録しましたが、からっとしています。

        日中は暑いですが、朝晩は涼風で場所によってはひんやりします。

         

        ◆「飼い猫が寒がって身を寄せ合っていたので、朝方は暖房を入れましたよ。一番ちっちゃいのは目の病気でこれから病院へ連れていくんです。」

         

        ーー先々週から、物もらいでホウ酸消毒している私。にゃんこの目をつくるのは、ちょっときついかなあ。

         

        ◆「起きがけは、ちょっと寒かったので、少し離れたところのストーブをつけちゃいました。」

         

        ーー私も、朝方寒くて毛布を一枚ひきづりだしましたからねえ。

         

        ◆「倉庫の片づけをしながらダンボールをつぶしていたら、隅のほうに猫の赤ちゃんがいましてね。全然鳴かないし、そばにいた飼い猫はまだ小さいし、どの猫が面倒みてたんだろうと思うと可笑しくなりました。」

         

        ーーダンボールの用途もいろいろあって、実用的な使い道だけでなく工作やアートまでありますものね。

         

        みなさんの生活場面を思い浮かべながらお話を伺うと、日常のささやかな発見であったり、安堵感が伝わってきます。ペットと一緒にお暮しのみなさんは、1匹で精一杯かなあと思っていても、死別してしばらくすると何かが欠けているような気がしてくるようです。5匹面倒をみてしまうと、気がつけば二桁なんてけっこうある話らしいです。気にかける存在のあるなしで、生活のメリハリやいろどりが違ってくるように思えました。

         

         

        いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        網代あみに挑戦

        0

          久しぶりの雨でした。こんな日には・・・と思案中に、M氏の元気な声が玄関から聞こえてきました。

          以前お持ちになった「おつかいかご」が自作であるとお聞きして、余裕があるときにつくりかたを教えてくださいとお願いしておりました。

           

          今月6日に、材料(再利用品)をお持ちいただき、講習開始。

          「さあ、何を作りたい?」

          「おお、いきなりですか?ではでは、ワインボトル2本入るくらいのかごで」と、空きビンをとりに行っている間に、こんな状況に。

           

          DSC_0152.JPGDSC_0153.JPG

           

          左写真の工程は、小学校の工作の時間に似たような作業をしたことがあるので、ふむふむとうなずく余裕がありました。

          が、右写真の立ち上げ部分の編みこみが、実際にひとりで作業をしたときに大変であることに気がつきました。

           

          DSC_0154.JPG

           

          初回は、ここまで。七夕かざりのような、海のいきものみたいな感じです。

           

          次回まで、どのあたりまでできるかなあと空き時間にちょこちょこ編み上げますが、怪しげな部分も出てきました。

           

          DSC_0156.JPG

           

          手前がワインかご、後方は自転車の荷台用にと試しに編んでみましたが、これ以上はM氏のアドバイスがないと無理だなあと一旦作業中止。他に簡単にできるものはないかしらと、仕上がり品見たさに別のものに取りかかるものの、やっぱりだめですね。

           

          DSC_0158.JPG

           

          日本各地の降水量グラフみたいな代物、何だかわかりますか?

           

          DSC_0159.JPG

           

          予備のトイレットペーパーホルダーです。駄作ですが、次回はM氏の教えをもう少し作品作りに生かせるようにしたいです。

           

          取りかかり品の完成時には、またアップします。いずれも正確にいうと訳あり品ですがね。

          | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          山菜 みず

          0

            真夏日続きの福島ですが、湿度が低くからっとしています。

            今日から摺上川ダム放流が始まり、吹く風も心地いいです。

             

            さて、みなさんは山菜の「みず」をご存じでしょうか?人によっては「みず菜」と呼ぶらしいですが、京野菜の「みず菜」とは別物です。

            DSC_0146.JPG

            根と葉をとり除いて水洗いし、皮をむき熱湯でさっとゆでる。

            根本から10cmぐらいのところは、たたいて、ぬめりが出てきたら包丁でこまかく切り、カツ節やしょうがをのせしょうゆをかけて食べる。

            残りの茎は、おひたしや漬物、いためものにして食べる。

             

            DSC_0147.JPG

            教えていただいたとおりに下ごしらえをしてみると、茎が細いので皮むきが大変でした。しかし、初めてというのは強いもので、BGMを聴きながら、なんとかやりとげました。

             

            一夜あけて、塩を加えた昆布だしに浸した茎(写真右)を朝食でいただきました。アクやクセがなく歯ごたえや香りがよくて、なんだか夏の別荘地で朝を迎えたような気持ちになりました。

             

            ネット検索によれば、清流近くの沼地に群生していて、収穫期が5月から10月と長いため秋田や山形では、山菜といえば「みず」が一番なのだそうです。秋に「コブコ」と呼ばれる小豆大の実をつけ、塩漬けにしたり塩昆布であえていただくそうです。カモシカの好物でもあるらしいので、株ごと抜かないでね。

             

            そういえば、以前『山菜名人』から、コブコのしょうゆ漬けをいただいたかもしれません。

            とるのと、下ごしらえが大変なんだとおっしゃってたいたような・・・

            改めて「ごちそうさまでした。」

             

             

             

            | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            それぞれのロードワーク

            0

              今朝、少し大きめのニホンカモシカが現れました。

              ゆっくりそうに見えて、けっこう速いかな?茂みに隠れたり岩壁を昇り降りしたりで、歩みが止まるのは何かを食べているときぐらいです。

               

              県内クマ騒動で慌ただしかった5月も最終日。さまざまな場面で「不安定」の言葉が行きかい、「やや不安」とか「やや安定」ぐらいのほうが注意したり無理せずに過ごせるのかなあと野生の動植物を眺めながら思ったりもします。群れからはぐれたり、迷い道で右往左往していても、放っておいたほうがいい場合もあります。

               

              野良ネコの寅さんは、ヤフーのCMに登場するトラに白が混じる猫に似ていて、あまり毛並はよくありませんが夜型かなあと勝手に思っています。もう一匹ロシアンブルーのぶるぐれいさんは、野猿ルートを闊歩する行動派で全体にひきしまっています。二匹揃って見かけることはありませんが、獲物の取り合いか深夜暴れることはたまにあります。この野良猫のおかげか、せっけん泥棒の常チュウ犯が消えました。

               

              いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              箱好きな日本人

              0

                重箱、弁当箱、衣装箱、本箱、貯金箱、おもちゃ箱、宝石箱。

                賽銭箱、茶箱、くだもの箱。

                箱がBOXと呼ばれ出すと、もう大変。公衆電話ボックスなんてさがすほうが大変な時代になりました。

                 

                専用の物を入れる箱が、用途別、多目的になり、軽量化や中身がわかる透明性などが加わって、良くなったようなさがしにくくなったような気がします。今は、収納箱かごみ箱に括られてしまうかもしれませんが、もともとの目的がはっきりしている箱ものは、割と残っているようです。

                 

                重ねたり並べたり、開けたり閉めたり、詰めたり入れ替えたり、質や量の変化などを確認したり楽しみながら長く愛用していくものなのかもしれません。

                 

                茶箱がヒントになったのかどうか、タイでは、ゴミ箱の内側に金属加工をすることで万華鏡のような現象がうまれ、ゴミをゴミ箱に入れる習慣ができてきているようです。ちょっとしたことで、習慣を変えることもできるんですね。

                商品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                さくっとチャット

                0

                  ペットや動物と会話はできるのか?

                  できない人はできる人に対して、どんな会話をしているのか聞きたがりますし、できる人は、うれしそうに教えてくれます。

                   

                  扱う言語が違う場合、短くて応答しやすい問いであれば、なんとなくでも伝わるのではないでしょうか?

                   

                  ずっと一緒にいなくても、似たような時間に似たようなことを繰り返すうちに、気持ちが通じたような気になることもあります。

                  名前をつければ、音やリズムに反応、食事の時間は生きてるかぎりなくてはならないものですから、習慣化すれば家でなくとも、ありそうな所へ移動します。動物好きな人達は、このあたりをよく知っていて、自分から動物の習慣性に合わせて動くようになり、母性に近い感情でコミュニケーションをとっているのでしょう。

                   

                  今頃何してるかなあと想像するのもよし、今度会う時をイメージするのもよし。でも、実際に会ったら、ちょっとおしゃべりするくらいがお互い一番いいのかもしれませんね。

                  いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  旬は短し

                  0

                    ゴールデンウィーク明けは低温続きの福島です。一気に春が押し寄せてきて、休みのなかった農家のみなさんにとってはいい雨、しかし、今週末からまた夏日が戻ってくるようですので、体調を崩さないように気をつけなければなりませんね。

                     

                    さて、長期休暇を利用して帰省する方々の楽しみのひとつに、地物料理があります。春は、何と言っても山菜。地元のスーパーや産直所、道の駅などをさがしても見つからないほど、春の山菜の旬は短いものです。

                     

                    「旬のものは、一回食べればいい」

                    「旬のものは、一回食べられたらラッキー」

                    あなたは、どちらでしたか?たった一回の違いでもかなりの差があるんですよ。

                     

                    たくさん収穫できたり、いただきものが重なった時の保存法も、いろいろ紹介されていますので、ところによっては来月ぐらいまで春の風味を味わえるかもしれません。お休みをずらしていらっしゃる方は、事前にお問合せしたほうがいいかと思います。

                     

                     

                    | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    営業再開

                    0

                      明日から、日帰り入浴限定で営業を再開いたします。

                      設備の復旧まで、まだご不便をおかけするところもありますが、源泉100%の湯をお試しいただけます。

                      なお、休憩とご宿泊のご予約は、まだお受けできませんのでご了承ください。

                       

                      明日明後日の福島は、真夏日になる予報です。どうぞお気をつけて連休をお過ごしください。

                      - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      RECENT COMMENTS
                      CATEGORIES
                      MOBILE
                      qrcode
                      PROFILE