素どおり

       渓流の自然に囲まれた安らぎの宿
           元湯 富士屋旅館
        福島市飯坂町湯野字新湯11番地
      TEL(024)542-3191 FAX(024)542-3649
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 休業のお知らせ | main | 時には引き算で >>

流れと眺め

0

    休業でご心配をおかけしておりますが、もうしばらくお待ちいただくことになりそうです。

     

    今日は、温泉と人の感じかたについて、実際にご利用のお客様の声をもとにまとめてみたいと思います。

     

    まずは、温まることについて。

    特に冬場は、温泉に入るとトイレ回数が減るというお話をよく聞きます。「陽イオン」「陰イオン」とか温泉にふくまれる成分がどのように人体に影響するのか、分析機関が基準とする値だけで説明できない部分もあるようです。血液やリンパ、気の流れが温まることでよくなるなら、沸かし湯のお風呂でもいいはず。でも、実際ぽかぽかとした温かさを長く感じるのは温泉なのですね。

    調理した食べものも、とろみがあるものとそうでないものでは冷める速度が違います。温泉が皮膚に浸透していく過程で、吸収され、循環、還元されるものがあるとすれば、体質に合わせた入浴法は健康維持に不可欠となります。

     

    次に、温泉の利用法について。

    世界的にみても、入浴の仕方、利用法はさまざまです。

    外湯か内湯か、水着着用の有無、混浴が男女別か、貸切の有無など温泉設備に問われるもの。ここに利用する人達の目的が加わると、最終的には利用者の取捨選択となります。

     

    できるだけ多くの方々に、気軽に温泉を楽しんでいただくためにできることはないか、この機会に考えてみたいと思います。

     

    いきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    この記事に対するトラックバック
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE